税理士試験を受けるには筆記具などに慣れておこう

なんらかの試験を受けるときは、本番を想定したうえで勉強を進める必要があります。
試験が行われる季節や時間帯などを考慮して、それに近い状態をつくることも大切です。
そのうえで、試験に使う筆記具などに慣れておくことは、いうまでもないでしょう。
たとえば、マークシート方式の試験では、適度な濃さの鉛筆の用意が必須です。
一方、税理士試験のように計算や記述が求められる試験の場合は、書きやすくて疲れない筆記具を準備する必要があります。
しかも、筆記具が指定されているケースもあるため、それに従わないと採点されません。
税理士試験では、黒または青インキの筆記具が指定されています。
また、消せるボールペンなどの使用は認められないため、注意しておきましょう。
ただし、問題用紙や計算用紙に限り、鉛筆やプラスチック製消しゴムなどが使えます。
税理士試験で使う計算機にも指定があり、4つの条件すべてを満たすことが条件です。
試験本番で悩まないためには、受験勉強のときから、自分に合った筆記具や計算機を使い込んでおくことが大切です。
そのためには、体験者のアドバイスを参考にするとよいかもしれませんね。

ディーラー車検と民間車検の違いって?

車検は買ったところでやるものとばかり思っていましたが、買ったところでなくても車検をしていいんですね!
ただ、車検を受けるところによって費用や整備の品質(?)に差があるそうですが。
車検は買ったところ、つまりディーラーでやる場合のメリットはそもそもブランドに対する信頼性があることにつきます。
ディーラーであればその車種特有の分解整備やコンピューター整備にもしっかり対応しているので安全性と満足感はピカイチですよね。
ただ、ディーラー車検は民間車検と比べるとやはり割高となってしまいます。
法定費用はディーラーでも民間でも同じですが、プラスで5~10万円前後割高になりそう です。
民間車検も技術や整備の技術が低いイメージを持っている人も多いようですが(私もそう思っていました…)、実際には民間整備工場はある意味専門の職人(ベテラン整備士)がやってくれるので、ディーラーよりも高い品質の整備を受けられることが多いようです。
さらに民間車検はディーラー車検よりも費用的にも安い傾向があるのも魅力的ですね!
もし車検を受ける場合には両方から見積もりを取って比べて決めてもいいかもしれませんね。